薬以外の薄毛治療でできることとは何か

薄毛は年齢を重ねれば、誰でも悩みとして出てくると言えるでしょう。薄毛の問題は男女ともに抱える悩みでもあります。そんな薄毛の悩みについて、薬を使って治療する方法ももちろんありますが、できれば薬以外のもので改善したいと考える方もいるでしょう。

ここでは、そんな方にオススメの効果的な薄毛対策や薄毛予防の習慣などをご紹介します。

食生活について見直してみる

薄毛が気になる方はまず食生活を見直してみましょう。やはり髪にも必要な栄養素があります。好きなものだけを食べていては栄養状態が偏ってしまい、健康にも良くありません。初めに、髪に必要なのが良質なタンパク質です。

肉や魚、卵、大豆製品などを積極的に取るようにしましょう。髪の毛というと、海藻類が良いのではと考える人が多くいらっしゃいます。もちろん、海藻類は髪の毛に有効な栄養素を持ってはいますが、まずはタンパク質を取ることが大切です。

また、女性は野菜を積極的に食べる方が多いですが、野菜だけではなくしっかりとタンパク質が取れる食材も食べることが健康な髪の毛や薄毛対策には大切です。タンパク質を取り、海藻類に含まれるミネラルや野菜に含まれるビタミンを摂取することでより体の調子を良好にし、それに伴って頭皮の健康状態も良くなっていくと言えます。

また、インスタント食品や冷凍食品ばかり食べていては、髪に必要な栄養素を効率よく取ることが難しくなってしまいます。キチンと食材から料理をし、タンパク質やミネラル、ビタミンをしっかり取ることが髪の悩みの解決には重要になります。

不足した栄養分を補うために、サプリメントを活用するのも良いでしょう。

関連記事:女性の薄毛治療にはどんな種類があるの?

生活習慣を見直してみる

薄毛を改善したいのならば、生活習慣を見直すことから始めるのが大切です。もっとも大切なのは睡眠時間で、7~8時間の睡眠が理想的と言えます。また、眠る時間も本来は22時から2時の間は眠っているのがベストと言えますが、社会人の場合は22時に眠るのはなかなか難しいですから、0時には眠るように心がけると良いでしょう。

睡眠をおろそかにするのは健康にも頭皮にも良くないと言えます。

また、お風呂もシャワーだけではなく、湯船にきちんと入ってリラックスするようにしましょう。入浴することで全体の血流も良くなり、それに伴い頭皮部分の血流も良くなります。頭皮の血流が滞っているのは薄毛の原因になりますから、そうならないようゆっくり入浴時間を作るようにしましょう。

また、ハードワークが続いてストレスをため込むのも良くありません。仕事とプライベートの違いをはっきりさせ、無理をして仕事をしたりせず、休日は自分が楽しいと思えることを見つけてストレスを発散するようにしましょう。

シャンプーのやり方を変えてみる

薄毛対策にはシャンプーも重要になってきます。まずシャンプー剤ですが、男女ともにノンシリコンのものを選びましょう。シャンプー剤の合う・合わないは個人差もありますから、自分に合ったシャンプーをぜひ探してみましょう。

自分に合うシャンプーが見つかれば、何となく抜け毛が減ったなとか、毛の量が増えたと実感できるものです。コンディショナーは毛先につける量が多いですが、シャンプー剤は基本的に頭皮を洗うものです。よりこだわって選ぶようにしてみてください。

また、シャンプーのやり方ですが、まず洗う前にブラシなどで軽く梳くと汚れが表面に出てくるとされています。そして、シャンプー剤を付ける前に髪全体を水かぬるま湯で洗うようにしましょう。しっかりと水洗いした後、シャンプー剤をつけて泡立てて洗います。

すすぎはしっかりと行いましょう。自分に合ったシャンプー剤できれいな頭皮の状態を維持することが、薄毛対策には大変効果的と言えます。

紫外線に注意する

最近は、以前よりも太陽の紫外線が強くなってきています。

そのため、顔や体の日焼けには注意を払い、日焼け止めクリームを塗ったりして対策をするのですが、意外と髪については何も対策していない方が多いです。

強力な紫外線は薄毛の大敵と言えますから、髪にも紫外線対策をしっかりとすることが大切です。特に夏に何もしないのは頭皮が紫外線をかなり浴びることになり、大変危険と言えます。帽子や日傘は有効なアイテムですから、日差しが強い時には必ず使用するようにしましょう。

最近では男性でも日傘を使うことに違和感がなくなってきています。それだけ年々紫外線が強くなっているともいえるでしょう。また、髪専用のスプレー式の日焼け止めなどもありますので、使ってみるのもおすすめです。なるべく頭皮を紫外線にさらさないためにも、外に出る時はきちんと紫外線対策をしてからに出かけるようにしましょう。

頭皮マッサージをしよう

薄毛対策に頭皮マッサージは有効で、頭皮の血流を良くしてあげることが大切になってきます。湯船の中でやったり、お風呂から上がってからやるのは体が温まった状態なのでより効果的です。頭皮は実は柔らかい方が良いとされています。

固い頭皮は薄毛になりやすくなりますので、自分で触ってみて固いなと思った方はぜひ頭皮マッサージを毎日の習慣として取り入れて、頭皮を柔らかくしていきましょう。やるときはできるだけ下から上に向かっていくようにします。

爪は伸びていない方が安心です。指の腹を使ったり、手のひらを使ったり、自分の気持ちが良いと思う強さでやってみましょう。また、頭皮マッサージ用の機器も販売されていますから、そういったものを使ってやるのも効果的です。

頭皮に良いオイルや育毛剤も使ってみる

薬ではありませんが、育毛剤を使ってみるのも良いと言えます。育毛剤は多くの種類が販売されています。新聞広告やテレビCMなどで様々な成分が配合され、各製品でそれぞれ効果を謳っています。どの育毛剤が効くかどうかは個人差がありますので、いくつか試しに使ってみて自分に合ったものを見つけましょう。

効果が表れるには少し時間がかかりますから、3か月くらいは同じものを使用してみて、合うか合わないかを判断しましょう。また、頭皮に使うオイルもあります。オイルを使用すれば、頭皮マッサージもより滑らかに行うことができるのでおすすめです。

そういったオイルを使ってゆっくり頭皮マッサージする時間を作りリラックスすれば、薄毛の対策にもなります。一日のうちにそういったリラックスタイムを作ることがとても大切です。